1.  〉
  2.  〉
  3. 古い歴史があるペットの文化
犬

古い歴史があるペットの文化

人間がペットを飼い始めたのはいつ?

人間はいつから動物をペットとして飼うようになったのでしょうか?実は、その歴史はとても古いのです。古代エジプトでは、猫を神様の使いとして大切にしていたという記録があります。身分の高い人がペットとして猫を飼い、猫が死ねば人間と同じようにミイラにしていたそうです。

人間でも、ミイラになるのは王族などごく一部の身分の高い人だけですから、古代エジプトでいかに猫が大切な存在だったかが分かりますよね。

なぜ、そこまで猫が大切にされたかというと、それはずばり、ネズミを食べるから。昔の人にとっても、ネズミは人間の食料をあらしたり、病気を運んだりするやっかいな存在でした。

ネズミを退治するための薬や、ネズミによって感染症が起きたときの治療方法などもない時代ですから、ネズミの被害は今と比べものにならないくらい深刻なものであり、人間の命を脅かすものでした。

そんなネズミを退治してくれるのですから、猫が古代エジプトで貴重な存在であったことにも納得ですよね。

一方の犬は、日本でも古くから飼われていました。縄文時代にはすでに、人間と行動をともにしていた痕跡があり、こちらもお墓らしきものが見つかっています。

もっとも古代エジプトのミイラのような立派なものではありませんが、犬の骨と花の花粉が一緒に発見されたことから、お墓らしきものを作っていたのではないかと推測されています。

いまでは、ペットの主対は多種多様。一口に犬や猫といっても、数え切れないくらいの種類が存在します。

ペットの種類は多種多様

また、定番の犬猫意外にも、びっくりするような生き物をペットとして飼う人まででています。

最近は住宅事情で本物のペットが飼えない人でも楽しめるペット型ロボットやバーチャルペとなども人気が高いですよね。

その一方で、捨て犬や捨て猫がいっこうに減らないという厳しい現実もあります。人間の都合で飼われ、飽きたら捨てられるのでは、あまりにも勝手です。

そのようなことを平気でしてしまう人間は、何か大きな勘違いをしているのではないでしょうか。人間は、他の生き物より偉いわけではけっしてありません。むしろ、純粋に生きる犬や猫より劣っている部分すらあるのではないかという気がします。

そのような愚かで弱い生き物である人間が、勝手な都合で他の生き物を捨てるなどもってのほか。長い歴史の中で作ってきたペットとの関係を大切にしたいですね。