1.  〉
  2.  〉
  3. ペットの長生きをサポート「ペット介護士」

ペットの長生きをサポート「ペット介護士」

ペットの介護士

人間の社会では高齢化が問題となっていますが、ペットの社会でも高齢化が問題となってきています。
以前と比べるとペットの医療は非常に進化していて、これまでは救うことができなかった生命でも、
現在の医療技術ならば命を救うことができるようになりました。
また、ペットの保険の充実もあり、これまで非常に高価だった動物の手術なども、
それほど大きな経済的負担なしに受けることができるようになりました。
このように、飼い主としてはペットが長生きできるようになる社会は非常に素晴らしいことなのです。

ですが、ペットの寿命が延びることで、これまでには大したことだとは
思われていなかったようなことでも、これからは大きな問題となることもあるでしょう。
たとえば、高齢のペットの中には、足腰が衰えて自力で歩行したり排泄することが
困難な動物もいるでしょう。
高齢になれば病気にかかりやすくなりますから、様々な慢性疾患を抱えるペットもいるでしょう。
人間で言う痴呆症のような症状となり、徘徊したり、あちこちでトイレをしてしまうというペットもいます。
こういったペットをどのように世話するかといった問題は、これから大きな問題となります。

もちろん、ペットの世話は基本的には飼い主が面倒を見るものですが、
出張や旅行などで家を留守にする時もあります。
そういったときにペットの面倒を見てくれるのが「ペット介護士」ということになります。
ペット介護士の職場にはいろいろあります。
ペットシッターとしてペットを自宅で数時間介護するという仕事もありますし、
ペットホテルで預かったペットを数頭まとめて介護するという仕事もあります。

また、介護の仕方がよくわからないという飼い主のお宅におじゃまして、
介護ヘルパーとして働いたり、介護の方法を指導するという仕事もあります。
そんなペット看護師ですが、ペット看護師になるための国家資格というものは存在しません。
ですから、ペット介護士の資格がなければ仕事ができないということはありませんが、
もちろん、ペットに対して最低限な知識やスキルは必要となります。

ですから、ペット介護士として仕事をしたいと考えているならば、専門的な知識やスキルを身に付ける。
そのために、専門学校へ通ったり、民間資格を取得するといったことが必要になります。
ペット介護士として活躍するために必要な資格にはいくつかあります。
ペット看護士の資格を取得することは、ペットの健康を守るための知識を得るにはとても有効でしょう。
コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格を取得すれば、
ペットの訓練方法を学んだり、飼い主のアドバイスを行ったりすることができます。

資格取得

愛玩動物飼養管理士の資格を取得して、動物の愛護についての知識を得ることも重要でしょう。
ペットの高齢化はこれからもどんどん進んでいくことが考えられます。
それに比例してペット介護士の活躍の場も非常に幅広くなるでしょうし、
社会的な役割も大きくなると考えられます。
給料面ではあまり厚遇とは言えませんが、
ペット介護士としての仕事にいろいろなビジネスを結びつける。
このことで、大きなビジネスチャンスを掴むことも可能ではないかと思います。